旅行

ラピート特急券のチケットを割引料金で手に入れる方法【なんば-関空を38分】

今回はラピート特急券のチケットを割引料金で手に入れる方法について紹介します

“お悩み君”
“お悩み君”
関空まで楽で安い交通機関を知りたい。ラピートってどうなんだろう?安く手に入れる方法なんてあるのかな?

こういった疑問を解決します。

この記事を読んでいただければラピートの特急券を割引で手に入れる方法を知れると共に、ラピートを使うとどれだけ便利なのかを知ることができます。

ちなみにこの記事を書いている私は実際に新今宮から関空までの区間でラピートを使用して経験があります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

ラピートとは

ラピートとは大阪の難波駅と関西空港駅を結ぶ南海電鉄の特急のことです。

近年利用者が急増している人気の電車で、なんば駅から関空まで最短34分到着することができます。

指定席で自分の席も確保されているので、関空までの長い道のりを立ちっぱなしで行かないといけないなんてことを避けることができます。

ラピートの料金はいくら?

ラピートにはレギュラーシートとスーパーシートの2種類の座席があります。

スーパーシートはレギュラーシートに比べて、少しゆったりとした作りになっていて割高です。新幹線で言うところのグリーン車みたいな感じですね。

下記の値段が通常の料金にプラスで特急券としてかかります。

例えば関西空港駅⇔なんば駅の場合乗車券920円+特急券510円(レギュラーシート)で合計1,430円

レビュラーシートの料金

対象区間大人料金子供料金
下記以外の区間520円260円
泉佐野から関西空港間100円50円

スーパーシート

対象区間大人料金子供料金
運行全区間730円470円

ラピートの特急券のチケットを割引で手に入れる方法

ラピート特急券のチケットを割引料金で手に入れる方法は主に次の3つです。

  1. 関空トク割ラピート切符を購入する
  2. LCCの飛行機内で切符を購入する
  3. スカイライナー・ラピート割引切符を購入する(成田〜関空)

それぞれ解説していきます。

関空トク割ラピート切符を購入する

ラピートの特急券は窓口で関空トク割ラピート切符として購入することによって割引の値段で購入することができます。

具体的にはなんば〜関西空港の区間は通常レギュラーシートであれば1,430円ですが、1,270円で購入することができます。つまり160円割引された金額で購入可能です。

対象区間大人料金子供料金
運行全区間`430円850円

関空トク割ラピート切符が購入できる場所

関空トク割ラピート切符は以下の駅の窓口で購入することができます。各駅の窓口によって営業時間が異なるので注意しましょう。

ちなみに支払いは現金かクレジットの2択です。

購入できる窓口営業時間
なんば駅2F・3F5:30~23:40
新今宮5:30~23:45
天下茶屋5:30~23:45
住吉大社6:30~19:00
5:40~23:50
関西空港6:20~23:10

LCCの飛行機内で切符を購入する

LCCの航空会社であるピーチとジェットスターの2社では、割引されたラピートの特急券を購入することができます。

料金は関空トク割ラピート切符よりもさらに140円安い1150円で利用することができます。

対象区間大人料金
運行全区間“50円

LCCの飛行機内で切符を購入する時に注意すること

LCCでラピートの特急券チケットを購入する時には次のことに注意しましょう。

  • 購入できるのは片道分のみ
  • アナウンスなどがない場合があるので乗客員にまずは問い合わせてみること
  • 購入した引換券は南海電鉄のカウンターでチケットに引き換える必要がある
  • 場合によっては機内で販売していないことがある

スカイライナー・ラピート割引切符を購入する

成田・関西空港間をフライトする場合には、スカイライナーとラピートがセットになったスカイライナー・ラピート割引切符というのがあります。

通常だと、スカイライナーが2,470円。ラピートが1,430円で合計3,900円のところ、3,200円で購入できます。

対象区間大人料金
運行全区間3,900円

スカイライナー・ラピート割引切符が購入できる場所

スカイライナー・ラピート割引切符は次の場所で購入することができます。

  • 京成上野駅スカイライナー切符売場
  • 日暮里駅JR乗換え口改札スカイライナー切符売場
  • 南海難波駅
  • 新今宮駅
  • 天下茶屋駅

実際にラピートに乗ってみた感想

実際に私は新今宮〜関西空港感でラピートを利用したのですが、感想をまとめると次のようになります。

ラピートに乗ってみた感想
  • 指定席なので立ちぱなしを避けれるので楽チン
  • 無料で使える荷物置き場があるから荷物が多くなっても安心
  • 無料のwi-fiも利用できるので移動も快適

1つずつ深掘りしていきます。

指定席なので立ちぱなしを避けれるので楽チン

関空までの電車は割と混み合うことが多くて、結局立ちっぱなしで関空付近まで電車にのるはめになったりと毎回あまり良い思い出はありませんでした。

ただ今回ラピートを使用したことで、席があらかじめ用意されているのは安心感があり、肉体的にも精神的にも安心感がありました。

関空トク割ラピート切符を使えば+340円でラピートを利用することができるのでかなりコスパが良いですね。

無料で使える荷物置き場があるから荷物が多くても安心

ラピートには無料で使える荷物置き場が用意されています。旅行となるとお土産だったり、服だったりと荷物が多くなってきますよね。

普通の電車だとキャリーケースを通路に置いていると邪魔になりますが、ラピートの場合には置き場のスペースが確保されているので通路に荷物が置かれていることがありません

また荷物置き場には重厚なチェーンもあるので防犯上も安心して置いておくことができます。

無料のwi-fiも利用できるので移動も快適

ラピート内では無料の「Osaka Free Wi-Fi」を利用することができました。

そのためデータ制限を気にすることがなく、Youtubeを見たり調べ物をしたりすることができるのでとても便利でした。

調べてみると過去にWi-Fiを取り付けて欲しいという要望があったため導入されたようです。日本はあまり無料でWi-Fiを使える場所が少なかったりするので外国人の人も苦労していますもんね。

結論、追加料金を惜しまずラピートに乗るのがオススメ

今回ラピートに乗ってみて思ったのがコスパ良すぎだということです。

乗る前はどっちみち関空に着くならわざわざ追加でお金を払って特急に乗る必要はないかなと思っていましたが、ガラリと意見が変わりました。

ラピート、最高です。

ぜひまだ利用したことがない人は一度乗ってみてくださいね。では最後まで読んでいただいてありがとうございました。