プログラミング

【コスパ最強】プラグラミングスクールEDENを3ヶ月受講した結果

今回はziziさん(@ZiziNomad)が運営するプログラミングスクール</EDEN>を実際に3ヶ月受講した結果をご紹介します。

“お悩み君”
“お悩み君”
プログラミングの勉強を始めたけど独学だと難しいな…プログラミングスクールに通いたいけど、どれも高額でなかなか手を出せない。

こんな悩みを持っている方に今回の記事はオススメです。

ぜひ参考にしていただいて、プログラミングを楽しく学びましょう!

EDENを受講する前の状況

私は2019年頃の4月ごろからプログラミングの学習を開始しました。

プログラミングの学習を始めた当初は何を学べば良いのかも分からず、とりあえずどのサイトを見てもまずオススメされている最強のプログラミング学習サイト、『Progate』を始めました。

Progate』は初心者でも分かりやすいように作られており、ゲーム感覚で進めることができました。

LVアップをしていくのが楽しく、HTML.CSSの初級〜上級を3周くらいはしたと思います。

Progateが終わった後は何をすれば良いの?

おそらくプラグラミングを独学で学んでいる方が一番始めにぶち当たる壁がこれだと思います。

“お悩み君”
“お悩み君”
Progateが終わったら何をすれば良いの?』

私もこの問題に直面しました。Progateをしている間は課題がどんどん出てくるので、それをゲーム感覚で解いていけば良いだけでした。

しかし、それが終わると『あれ、次は何をすれば良いんだろう』と分からなくなってしまうのです。

次はサイト模写をしていくのがオススメ

色々と当時の私も悩んで、最終的に出た答えが『すでにあるサイトを模写する』ことでした。

Progateはあくまでも基礎的な内容ですが、実際に作られているサイトを模写することによってどんな風なコードが使われているのかを理解することができ、成長の速度を上げることができます。

なので今Progateを終えて何をすれば良いのか悩んでいる人は、簡単そうなサイトを見つけて模写をしてみましょう!

だけど私は模写が全くできなかった…

Progateをある程度こなした私は少しプログラミングに対して自信を持っていました。

ProgateのLVもかなり上がっているし、模写もスラスラと書けるだろう。

しかし簡単そうなサイトを決めて、模写にチャレンジしてみるも全く手が動きません。何からすれば良いのか分からなかったのです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
自分、プログラミングのセンスないかも。

割と落ち込みました。プログラミングを独学で学ぶ人の挫折率が9割と言われていますが、納得です。

上達への最短ルートは、できる人から教わること。

どんなこともでそうですが、物事の最短の上達方法は、できる人から教わることですね。

改めてそのことを認識した私はプログラミングスクールで学ぶことを決意しました。しかし、最近はいろんなプログラミングスクールが増えてきていて、さらにどれも高額なものばかりです。

“りょうすけ”
“りょうすけ”
どれを選んだら良いんだ…

そんなことを悩んでいた私が行き着いたのが、ziziさんのブログでした。

ziziさん(@ZiziNomad)は3ヶ月という短期間で結果を出されており、さらにブログから伝わるその人間性や考え方に共感する部分も多く、この人からプログラミンを学びたい!と思い</EDEN>受講を決めました。

EDEN受講までの流れ


</EDEN>を受講するまでには次の流れで進んでいきます。

  1. EDEN公式サイトから申し込み
  2. 面談日の決定
  3. 選考待ち
  4. 受講費の振込
  5. Slackへの招待

必ずしも受講できるわけではないので注意

</EDEN>では少人数制のカリキュラムが組まれているため、申し込みをした人全員が受講できるわけではありません。

そのためziziさん(@ZiziNomad)が直接オンライン面談を行い、合格者を選考しています。

おそらくですが、ziziさん(@ZiziNomad)は面談の際にスキルなどよりもその人のやる気や、本気でフリーランスエンジニアになりたいのかなどを考慮しているように思います。

そのため、絶対に</EDEN>を受講したい!という方はオンライン面談の時にziziさん(@ZiziNomad)にその熱い思いをぶつけましょう!

EDENの特徴

他のプログラミングスクールと比較した時に、</EDEN>の特徴は大きく次の5つです。

  1. 少人数だからマンツーマンの指導を受けることができる
  2. 受講費が他のスクールよりも安いから受講しやすい
  3. 実際にフリーランスエンジニアとして活躍しているziziさんから直接指導を受けることができる
  4. レベルにあった課題を与えてもらえるので、挫折しにくい
  5. オンライン学習だからどこに住んでいても受講できる

これらの特徴を一つずつ深掘りしていきます。

少人数だからマンツーマンの指導を受けることができる

EDENでは毎月3名限定の募集となっています。

その理由は、成果を確実に出す為のサポートが行き届くギリギリの人数だからそうです。

そのため他のプログラミングスクールに比べて講師のziziさん(@ZiziNomad)さんとの距離が近く、分からないことがあってもすぐに質問することができます。

まさに家庭教師のような感じのスタイルで、着実にプログラミングの力を身につけることができます。

受講費が他のスクールよりも安いから受講しやすい

EDENの受講費は他のプログラミングスクールと比べてかなり安いです。

私もいろんなスクールを調べましたが、ほとんどが30万円から高いところだと70万円ほど必要になります。

そのため受講費のハードルが高く、なかなか踏み切ることができません。

そういった意味でも</EDEN>は値段は安く、内容は濃いのでコスパ最強のプログラミングスクールだと思います。

ここで学んだ内容を活かせばすぐに受講費分は回収できてしまうのも良いですね。

実際にフリーランスエンジニアとして活躍しているziziさんから直接指導を受けることができる

あなたの周りに実際にフリーランスエンジニアとして活躍している知り合いの方はいますか?

おそらくほとんどの方がいないはずです。私もそうでした。

でもこのEDENを受講することによって、ziziさん(@ZiziNomad)さんという実際にフリーランスエンジニアとして活躍している方と知り合うことができます。

そして、その方に分からないことがあればすぐに質問することもできるのです。そういった環境を手に入れることができるのもEDENの大きな特徴です。

レベルにあった課題を与えてもらえるので、挫折しにくい

</EDEN>のカリキュラムではその時のレベルに合わせた課題が与えられます。

これがあまりにも難しすぎると挫折してしまいますし、簡単すぎると成長ができません。しかしEDENでは本当にギリギリ頑張ればいけるくらいの絶妙な課題を与えてくれるんです。

そして、その課題をクリアするごとに確実に自分のレベルが上がっているのを感じます。

そうすることによってそれが自信へと変わり、結果最後まで挫折することなくプログラミングの学習を続けることができます。

オンライン学習だからどこに住んでいても受講できる

</EDEN>の受講形式は全てオンラインのため、地方の方や外国に住んでいる人でも受講することができます。

私は今大阪に住んでいるので割とプログラミングスクールも多い方ですが、実家のある山口県だとプログラミングスクールを受けられる環境がほとんどありません。

でも</EDEN>ならどこに住んでいる人であっても、パソコン1台あれば受講することができます。

インターネットの普及によって誰にでも平等にチャンスが与えられる時代ですね。

EDENを3ヶ月受講した結果

</EDEN>を3ヶ月受講した結果、私は次の3つのことができるようになります。

  1. クラウドワークスを使って案件獲得
  2. コーディング力が以前に比べて格段に上がった
  3. 自走力を身につけることができた

クラウドワークスを使って案件獲得

クラウドワークスを使って30件ほど営業をかけたところ、一件案件を獲得することができました。

あくまでも実績作りのため、金額はかなり安いですが初案件をこなしたことによって大まかな流れや、クライアントの方とのやりとりなど勉強になることは多かったです。

この仕事を最後までこなすことができたのも</EDEN>を受講したからこそです。

本当はもう一件知り合いの方からWeb制作の仕事を受注していたのですが、そちらは色々とトラブルがあり白紙になってしました。

とはいえ、これからもう少しWordpressの学習を進めた後に、ziziさん(@ZiziNomad)から教わった直営業のノウハウを使ってバンバン仕事を獲得する予定です。

コーディング力が以前に比べて格段に上がった

以前の</EDEN>の課題を見返してみると、今ではかなりスラスラと解くことができるようになりました。

おそらく</EDEN>を受講していなければ、あのまま挫折をしていたか、今もProgateをしていたはずです。

自分の成長を目に見える形で可視化することができた時、それがさらにモチベーションになり頑張ることができますね。

自走力を身につけることができた

</EDEN>が大切にしている考え方の中に、『自走できるエンジニアになる』というものがあります。

プログラミングを学習していると必ずといっていいほど分からない問題に直面することになります。

そんな時でも、どうすれば解決することができるのかを、ネットでググって自分で解決していく能力=自走力は、エンジニアとして今後仕事をしていく上で必要になる能力です。

</EDEN>が終了すれば、ziziさんという大きな補助輪は外れます。でもここで身につけたこの自走力という武器はどんな環境にいっても使える能力だと確信しています。

結論、EDEN受講して本当に良かった。

さて、ここまで私がプログラミングスクールEDENを3ヶ月受講した結果について説明してきました。

私はまだまだ未熟者ですが、この</EDEN>での3ヶ月間がこれからの道筋を明るく照らしてくれました。

結論、</EDEN>を受講して本当に良かったです。

もしこれからプログラミングを学習しようとしている方や、今独学で悩んでいる方は</EDEN>を受講してみることをオススメします。

EDENを終えた3ヶ月後、きっとあなたの人生も変わっているはずです。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。