旅行

水牛に乗れるビオスの丘の楽しみ方や所有時間【沖縄県うるま市】

今回は沖縄県うるま市にある水牛に乗れるビオスの丘の楽しみ方や所有時間などを解説します。

“お悩み君”
“お悩み君”
沖縄県に旅行に行くけどせっかくなら水牛に乗りたいな。沖縄本島に水牛に乗れる場所ってあるのかな?

こういった疑問を解決します。

この記事を読んでいただければ沖縄県うるま市になるビオスの丘の楽しみ方や所有時間などを知ることができます。

実際に私も旅行でビオスの丘を訪れて楽しい体験をすることができたので、今回はぜひ皆さんにシェアしたいです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

沖縄県うるま市にあるビオスの丘なら水牛に乗れる

沖縄県のうるま市にあるビオスの丘ではなんと水牛に乗ることができます。

石垣島などの離島では水牛に乗れる場所もあるのですが、沖縄本島だと水牛に乗れる場所はそれほど多くありません。

水牛のゆったりとした足どりに揺られて園内散策ができるのではビオスの丘の醍醐味です。ビオスや沖縄の話を聞きながらのんびりと沖縄時間を楽しむことができます。

営業時間9:45~17:15
※12時台は運休になります。
所要時間約20分~25分
料金大人         900円
小人(4才~小学生)600円
※別途入園料が必要です。

水牛以外でビオスの丘を楽しむ5つの方法

水牛以外でもビオスの丘を楽しむ方法はたくさんあります。

ビオスの丘の楽しみ方
  1. たくさんの動物たちと触れ合うことができる
  2. ガイド付きの船に乗って池をクルーズできる
  3. 巡車(ロードトレイン)に乗って館内を巡ることができる
  4. 巨大ブランコに乗ってハイジの気分を味わえる
  5. スタッフ自作のアスレチックで子供達も大喜び

これらを1つずつ解説していきます。

たくさんの動物たちと触れ合うことができる

ビオスの丘には水牛だけでなく、ヤギや豚、鶏など様々な生き物が生存しています。

なんとヤギは鎖を外せば自由に散歩させることができます。鎖を外した瞬間餌を求めて猛ダッシュを始めるので気をつけてくださいね。笑

普段見ることのできない動物たちに一緒に行っていた子供達も大はしゃぎでした。

ガイド付きの船に乗って池をクルーズできる

ビオスの丘には『大竜池』と呼ばれる上から見ると龍の形をした大きな湖があります。

この約1キロの曲がりくねった湖を進みながらガイド付きで動植物を間近で見ることができます。

ちなみにガイドさんは10名以上が在籍しているようで、ガイドさんによって話す内容も全く異なるようなので乗るたびに別の楽しみ方をすることができます。

営業時間9:45~17:15
※12時台は運休になります。
所要時間約25分
料金大人         800円
小人(4才~小学生)500円
※別途入園料が必要です。

巡車(ロードトレイン)に乗って館内を巡ることができる

ビオスの丘の館内には『巡車』と呼ばれるロードトレインが運行しています。

列車は1時間間隔で運行をしていて、ガイドさんが植物や花、動物についてのお話を聞きながらのんびりと館内を回ることができます。

ビオスの丘を歩き疲れた時はぜひ利用してみてください。

営業時間9:45~17:15
※12時台は運休になります。
所要時間約20分
料金大人         600円
小人(4才~小学生)400円
※別途入園料が必要です。

巨大ブランコに乗ってハイジの気分を味わえる


引用元:https://ohh.okinawa/article/10184/

ビオスの丘にはハイジの映画に出てくるような巨大なブランコが用意されています。

下に湖をのぞくスリル満点のブランコから亜熱帯の大自然を感じながらゆったりと過ごすことができます。

園内5箇所のそれぞれ違った風景が楽しめる特大ブランコあるのでぜひ全て乗ってみてください!

スタッフ自作のアスレチックで子供達も大喜び

館内にあるアスレチックはほとんどがスタッフの手作りだそうです。

手作りとは思えないクオリティーが子供たちも大喜びでした。アスレチックの利用料金は一切かからないので思う存分子供たちと遊んであげてください。

ビオスの丘の入場料金

ビオスの丘は入場の際に料金が必要です。それにプラスで館内の乗り物の料金が発生します。

ちなみにガイド付きの船と入園の料金のセットのチケットで買ったほうがお得なので、入場の際に船に乗るかどうかは決めておきましょう。

入場料金

大人(中学生以上)
小人(4歳~小学生)
一般ご利用料金入園料1,000円500円
入園+乗船セット1,700円900円
グループご利用料金(20名様以上が対象)入園料900円450円
入園+乗船セット1,530円810円
障がい者特別料金入園料300円100円
入園+乗船セット1,100円600円
沖縄県内学校特別入園入園料300円100円
年間パスポート (※現金精算のみ)入園料のみ2,000円1,000円

館内乗り物料金

乗船券大人 800円小人 500円
水牛車大人 900円小人 600円
貸カヌー大人 1,500円小人 800円
平舟大人 3,000円
 
小人は利用不可
巡車大人 600円小人 400円

ビオスの丘の入場料を割引する方法

ビオスの丘の入場料を割引する方法をいくつか紹介しておきます。

  1. アソビューで予約する
  2. 道の駅・許田 やんばる物産センターでチケットを購入する
  3. コンビニでチケット購入

それぞれ解説していきます。

アソビューで予約する

アソビューの公式サイトから予約をすることで通常の10%割引でチケットを購入することができます。

特に会員登録の費用などもなく割引でチケットを購入することできるので、ぜひ利用してみてください。

>>アソビューで申し込む

道の駅・許田 やんばる物産センターでチケットを購入する

許田にある道の駅でも割引のチケットを購入することができます。

許田の道の駅ではビオスの丘のチケットだけではなく、美ら海水族館などの施設の割引券も多く販売されているので、チェックしておきましょう。

>>許田の道の駅公式ページ

コンビニでチケット購入

ローソンやミニストップでもビオスの丘の割引チケットを購入することができます。

方法は簡単で下のサイトにある番号を店舗の機械に入力して支払うだけです。こちらも割引額は通常の10%になります。

>コンビニで割引チケット購入

ビオスの丘でご飯は食べれるのか?

ビオスの丘ではご飯を食べることもできます。メニューは沖縄そばや、タコライスなどが沖縄ならではの料理です。

それほどメニューの種類はないので、来る前にお店で食べておく方が良いかもしれません。

ブルーシールのアイスもあるので館内を歩きながら食べるのは最高に美味しかったです!

ビオスの丘の所有時間は最低でも2時間

ビオスの丘はとても広くて、遊べるスポットも多いので所有時間は最低でも2時間以上は必要です。

また乗り物1台の所有時間がだいたい30分前後になるので、4つ以上乗るならそれだけで2時間は超えてしまいます。

お子様と一緒に行くならアスレチックで遊ぶ時間も必要だと思うので、ビオスの丘に行く日はあまり予定を詰め込みすぎないことをおすすめします。

ビオスの丘は雨の日でも楽しめるのか?

“お悩み君”
“お悩み君”
ビオスの丘に行く予定の日が雨だ。雨でもビオスの丘は楽しめるのかな?

結論、ビオスの丘は雨の日でも楽しむことができます。

なぜなら雨の日でも水牛や船などの乗り物は屋根がついていて問題なく乗ることができるからです。

残念ながらアスレチックなどは滑りやすくなっているので利用しないほうが良いと思いますが、それでも楽しめるスポットはたくさんあります。

もちろん晴れの日に越したことはありませんが、雨の日にしか撮れない花の綺麗な写真を撮ることもできるのでぜひ雨の日でも来館してみてください!

ビオスの丘へのアクセス方法

住所沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
TEL098-965-3400
営業時間9:00〜18:00 ※入園 17:00まで
定休日年中無休
MAP CODE206 005 263

ビオスの丘へのアクセスには車とバスの2つの方法があります。

車での方が楽にいけるので、レンタカーを借りて行くのをおすすめします。

那覇空港から車でのアクセス

【那覇空港⇔ビオスの丘】
<距離>=約45キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~石川IC)の場合は約1時間
一般道利用(国道58号経由)の場合は約1時間45分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~石川ICまで普通車600円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

※ビオスの丘の駐車場は無料です

那覇空港・那覇バスターミナル・名護バスターミナルより

・高速バス/ 琉球バス・沖縄バス・東陽バスの「高速バス111番
石川インター」下車、石川インターからは沖縄中部個人タクシー事業組合(098-929-1818)を、ご利用下さい。

2・名護西空線(120番)名護西線(20番)」で「仲泊」下車
(那覇空港から仲泊間の所要約90分)
「仲泊」からは沖縄中部個人タクシー事業組合(098-929-1818)をご利用下さい。
(ビオスの丘まで約7分)

バスの時刻表 >

まとめ

今回は沖縄県うるま市にある水牛に乗れるビオスの丘の楽しみ方や所有時間などを解説してきました。

ビオスの丘は子供だけでなく、大人も一緒に楽しめる場所なのでぜひ沖縄県のうるま市を訪れた際には一度行ってみてください!

ちなみの私も家族旅行で行ったのですが、子供達も大人も大満足でした!

家族みんなでぜひ楽しい時間をお過ごしください。では最後まで読んでいただいてありがとうございました。